業務効率を揚げるネット環境

>

オフィスでインターネットを利用するには

LAN配線とは

LANとはLocal Area Networkのことで、主にオフィス内のPCやスマホなどの端末などとルーターを接続する、社内ネットワークのことです。
構築したLANとONUと接続されているルーターを接続することでインターネットにつなげることが可能になります。
LAN配線には、全ての端末をケーブルで繋ぐ有線LANと、Wi-Fi接続する無線LANとがあります。
有線LANには、安定した回線環境が確保しやすいというメリットがありますが、全てを有線で繋いでいるため、レイアウト変更などが手軽にできない、断線のリスクがある、というデメリットもあります。
無線LANには、物理的なケーブルなどが無いため、何処にいても接続することができ、オフィスのレイアウト変更も気軽に行えるというメリットがありますが、回線スピードが安定しづらい、というデメリットもあります。

配線工事の注意点

LAN配線を有線で行う際には、電気配線とLANケーブルは離して設置します。
近くにあると干渉しあってしまい、不具合や故障などが起こる原因になりやすいのです。
配線工事を依頼する際には、配線の場所やルーターの設置場所など、細かく計画してから行う必要があるんです。
業者に依頼せず、自分で行うことも可能ですが、中途半端な知識で配線工事を行うと、設置後に不具合が出てしまった時に対応することが難しい場合もあります。
ネットが使えなくなると、オフィス全体の業務が滞ってしまいます。
電気工事と違い、国家資格などは必要のない工事ですが、工事後のアフターケアなどの事を考えると、ルーターなどの器材と共に、専門業者に依頼した方が得策かもしれませんね。