オフィスの通信環境を快適に!配線工事のポイント

業務効率を揚げるネット環境

最適な回線速度

ビジネスの現場では、社内のコミュニケーションや、取引先とのやりとりにも、メールだけでなく、SNSなどのコミュニケーションツールを利用しています。
そういったすべてに必要となるのがインターネットです。
ビジネスをスムーズに行っていくためには不可欠なツールとなっています。
そもそも、インターネットとはどういうものなのでしょうか。
社内でそれぞれのPCやOA機器をケーブルや無線でつなぎ、お互いが情報のやり取りができるように設定した仕組みをネットワークといいます。
これが、社外のネットワークと繋がるようにした仕組みがインターネットです。
その規模は世界各国まで及ぶ巨大なネットワークです。
繋がるためには、先ず外のネットワークまでの道筋になる回線を確保し、会社のネットワーク、そして個々のPCの場所が特定できるIPアドレスを取得するために、IPS(インターネットサービスプロバイダ)との契約が必要です。
(最近は回線提供会社がプロバイダの役割を担っている場合もあります)
インターネット上には、メールサーバ、Webサーバ等、様々な役割をするサーバが設置されていて、私たちの使用しているPCなどから要求をすることで、他のユーザーに情報を送ったり(メール等)、希望されている情報を提供(Web閲覧など)するという仕組みになっているのです。
この様なサーバとのやり取りをする際に、重要になってくるのが回線の速度ということになります。
ビジネスで必要な回線速度について、細かく見ていきます。